バイトでお金を稼ぐ旅人|オールドルーキーのブログ

バイトでお金を稼いで、一人暮らし、外こもり、自由を手に入れる。

海外移住

外こもり〜貧乏人がお金が無くても海外移住を実現させる方法を考えてみた。

投稿日:

 

 

お金が無くても海外移住はできるのか?
あこがれの外籠り(そとこもり)生活を実現する方法を
考えてみました。

 

 

なんか最近、色々なものが
地味に買いづらくなってませんかね?

 

今まで買ってたお菓子が、なんか

 

前より小さくなっている気がします。

 

外で食べたら、
以前よりちょっと量が減った・・・?

 

なんて店に遭遇する確率も、
増えた気がします。

 

実質値上げってヤツでしょうか・・・。

 

2019年10月からは消費税も10パーセントになるし、

 

底辺で生きる、我らバイト民には、
タフな時代が続きそうです。

 

このまま、徐々に追い詰められて
消耗して行くしかないのか?

 

この状況をなんとかするためには、

 

大好きな日本からも、
脱出する事さえ、考えねばならぬ
時代が来るかもしれません。

 

 

外こもり〜お金が無い貧乏人が海外移住する方法はあるのか?

 

 

お金に余裕があれば、
海外移住なんてちょちょいのちょいでしょうが、

 

なんせ私は、お金が無いわけですよ。

 

でも、だからこそ、

 

物価の安い海外に一時逃亡する事も
考えねばなりません。

 

んで、安い現地の屋台で
安い飯をたらふく食いたい。

 

腹こわすかもしれないですが(笑)

 

物価の安い国を探すべし

 

現状、物価の安い国以外に、
私の行ける先など無いという事実。

 

定番のタイ&マレーシア

 

そうなって来ると、定番は東南アジア諸国です。

 

なかでも、タイとマレーシアは、
移住でも、バックパッカーの一人旅でも
お馴染みで、人気のある国ですね。

 

自分は、海外に実際に移住したり、
旅行している人のブログを見る事が、
好きで、リサーチを兼ねてチェックしているのですが、

 

タイは、どうもマレーシアより
料理が美味しそうなイメージ。

 

そして、タイはほとんど英語が通じないけど、
マレーシアは、かなり英語が通じるという
印象です。

 

この辺りは、実際に自分で現地に行って
自分の目と耳と舌で、確認するしかありませんね。
ネットの伝聞情報だけで決めつけるのは無理がありそうです。

 

また、気になる物価も、
為替の変動もあり、今現在は、どうなのか?

 

というリアルなところは、
やはり、実際に向こうで生活してみないと
分かりづらい部分でしょう。

 

ただ、東南アジアの国々は、
年々発展を続けていて、
確実に物価も上昇して来ている様子。

 

あと、10年以内に、
私の様な、底辺バイト民は
向こうの物価の安さの恩恵を受ける事が、
出来なくなってしまうかもしれません。

 

 

という事は、海外生活&外こもりに
興味がある人は、できるだけ早く、
体験しておいた方がよい
のではないかと思います。

 

ベトナム・カンボジア・ラオス&フィリピンも候補地か。

 

マレーシアとタイの近隣国である、

 

ヴェトナム・カンボジア・ラオスなどは、
タイ・マレーシアと比べても、

 

更にもう一段物価が安い可能性も
ありそうです。

 

これからは、定番国だけでなく、
更にその先に一歩足を伸ばして、

 

自分のお気に入りの国を見つけて行く
努力も必要となって来そうです。

 

また、フィリピンは、
島国ですが、移住先としても人気があり、
英語が公用語になっている国です。

 

個人的には、フィリピンにも
住んでみたいなと考えています。

 

候補国に実際に1ヶ月くらいずつ住んでみる

 

ネットのおかげで、
ある程度のリサーチはできますが、

 

やはり、最後は実際に自分で住んでみて、
どう感じるかが大切です。

 

実際に生活してみたら、事前のリサーチでは、
移住第一希望に考えていたA国ではなく、
第三希望だったC国が、自分にはベストだった。

 

 

などという事も、
あって当然だと思います。

 

なので、自分としては、
生活してみたいと思った国や地域で、

 

1ヶ月くらいずつ、実際に過ごしてみる。

 

つもりで計画を立てています。

 

それくらいの期間なら、
観光ビザで大丈夫な国が多いので、
出発前の労力&手続きの負担も
かなり減らせそうです。

 

その上で、過ごしやすい国や場所を
見つけられれば、

 

本格的な移住準備も検討します。

 

 

最大の問題は仕事

 

 

この計画を実行するための
唯一最大の障壁は「仕事」です。

 

貯金を切り崩して
海外放浪する事も、もちろん、

 

得難い経験&将来への投資

 

と考えれば、有効なお金の使い方です。

 

でも、これではいつか必ず、
貯金は尽きてしまう訳で、

 

長期間、持続可能な、
現実的なプランではありません。

 

 

最低限の生活費を海外に居ながら稼ぐ手段を身につける

 

となると、物価の安い国で、
なんとか生活できるくらいの金額を
現地に居ながら稼ぐ必要があります。

 

その額ですが、生活レベル次第という事に
なるので、人それぞれ違って来ますが、

 

私の場合は、15万円(最低10万円くらい)を
考えています。

 

月に15万円稼げれば、
海外生活が持続可能なのではないかと・・・。

 

これを実現するには、
現地でバイト(就職でも同じですが)していては、

 

好きな時に(例えば1ヶ月ごとに)好きな場所に
移動が出来ません。

 

なにより、物価の安い国を選んで行くのですから、
現地で働いたら、給料も安い事は目に見えています。

 

 

移動の自由や、現地の物価の安さの
恩恵を受けるには、日本円や米ドルなどで、
お金を稼ぐ方が良さそうです。

 

私が目指す、お金を稼ぐ手段は、
PCとネット環境があれば、

 

世界のどこにいても仕事ができる、

 

アフィリエイトや、

 

クラウドソーシングを利用する
ネット内職になりそうです。

 

働きたくない人がなるべく働かないで生きていく方法を解説してみた。

 

こちらの記事で、かなり詳しく書きましたが、

現在、私は、ネットとPCを使って、
月に10万円程度(ダメな月は5万円ほどの事もありますが)

 

をなんとか稼げる様になりました。

 

なので、「外こもりの目標額 15万円」まで

 

あと一息です。

 

なんとかこのレベルを目指して、
ただいま奮闘中です。

 

国内でジリ貧になってしまう前に、
外こもりという新たなスキル(笑)を

 

獲得したいなと、
現在、本気で準備中です。

 

今後、実現できた時には、
このブログでお伝えしていきます。

 

ひょっとしたら、思った様に行かなくて、
1ヶ月持たずに帰国とかの失敗談に
なっちゃうかもしれませんが、

 

それはそれで、

 

「ああ、こうやったらアカンのやな。」

 

という、貴重なサンプルになるかもしれないので、

 

失敗した場合も、このブログで
詳細に報告しますね(笑)

 

それでは、本日はこのあたりで。

-海外移住

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

人気記事