バイトでお金を稼ぐ旅人|オールドルーキーのブログ

バイトでお金を稼いで、一人暮らし、外こもり、自由を手に入れる。

体力がない人でも出来るバイト

体力のない人、体力に自信がなくても出来るバイト、ベスト3を選んでみた。

投稿日:2017年3月2日 更新日:

 

 

私は、かつて引越しのバイトをした事があります。
たまたま登録した派遣会社からメールがあり、
丁度、1日暇だったので、試しにやってみる事にしたのです。

 

日給で9000円というのも非常に魅力的でした。

 

しかし、開始わずか40分で、私はこのバイトに来てしまった事を
激しく後悔しました。私は、どちらかというとやせ形で、力もなく、
体力もありません。

 

そして、鬼の様にこわい、引っ越し会社の、ヤンキーのような社員に
ひたすら、暴言を浴びせられながら、どうにか1日を終えた頃には、
身も心もボロボロになっていました。

 

途中、重たい机の角を足の親指の爪の上に落としてしまい、
家に帰って見てみると、ツメがはがれかけていました。
その後、ツメが生え変わって怪我が治るのに半年以上もかかりました。

 

これに懲りた私は、その後、派遣会社でアルバイトを探す時は、
体力がなくても出来るバイト、力がそれほど必要がないバイトを
ひたすら選ぶようになりました。

 

自分でも出来そうな楽なバイトを選んだつもりでも、いざ行って見たら
思いっきり力仕事、明らかなブラックバイトだった事もありました。

 

そんなハズレくじを散々引いた結果から、「このバイトなら自分にも出来る」
「楽なバイト」「割のいいバイト」が、段々分かって来ました。
ですので、今日は、私が経験した、体力に自信がなくても問題なくこなせる
アルバイトをいくつか紹介してみます。

 

体力に自信がなくても出来るバイト

1.交通量調査

交差点や歩道など、指定の場所で、そこを通る人や車の数をカウントして
記録するアルバイトです。

 

パイプ椅子に座ってひたすら「カチャ」「カチャ」とカウンターで、
通行人の数を数えていきます。

 

駅やバス停で、乗り降りするお客さんの人数を調査するバイトもあります。
このパターンのものも、割と頻繁に募集しています。

 

体力はまったく必要なし

 

車の場合は、「大型のトラック」「一般車」などによって、
カウンターを分けて計測したり、歩行者の場合は、「性別」や
「大体の年齢層」ごとの分けてカウントする様な場合もありました。

 

交通量が多いと若干忙しくカチャカチャと計測しなくてはいけませんが、
信号などの関係で、常にひっきりなしで車や人が通るという事もないので、
すぐに慣れる上に、とても簡単な仕事です。

 

タウンワークで「交通量調査」を検索した結果

 

試しにタウンワークで「交通量調査」のバイトを探してみました。
地域は「東京」を選んでみました。お住まいの地域を選んでから、
「交通量調査」や「市場調査」などのフリーワードを入れて検索して
みると探しやすいと思います。

 

検索結果の上の方には、交通量調査に関係ない、プロモーション案件や、
新着案件が載っている事もあるので、下まで我慢して見て行くと、
見つけやすいかなと思います。

 

寒い時期は防寒に注意

 

一定時間ごとの休憩と交代があります。
唯一、寒い時期などは、ずっと座っていると冷えてしまいますので、
防寒具はしっかりと用意して望まなくてはなりません。

真冬などは、スキーウェアを着こんでいってもいいくらいです。
また、春先でも、結構冷え込むこともありますので、
十二分に厚着をして臨んだ方が良いでしょう。

 

また、雨の日や、急な雨に備えて雨具は忘れないように。
タオルも必須です。自分は一度だけ、急に雨が降って来て、
慌ててコンビニで雨具を買った事がありました。
事前に用意しておいた方が、いざという時安心だと思います。

 

拘束時間は長いが、精神的に楽なのが魅力

拘束時間は、ある程度長いのですが、その分、もらえる金額も
良いですし、最初に簡単な説明を受けて、業務を開始した後は、
とくに社員さんからの監視のプレッシャーもないので、

 

精神的にはとても楽です(もちろん仕事はしっかりやりましょう)。
引越しバイトなどは、当たり前ですが、「引越しが終わらないと、
帰れない(いつ終わるか分からない)」のですが、

 

交通量調査は、予め終了時間が決まっているので、それも助かります。
自分は、色々なバイトをやりましたが、「終わるまで帰れない。」
アルバイトは本当にきついです。

 

 

体力に自信のない方(私の様な)は、予め、終了時間にはきっちり
終わるバイトを選ぶのが、精神的にも体力的にもおすすめです。

 

タウンワークで「交通量調査」を検索した結果

 

 

2.治験バイト

次のおすすめするのは、「治験バイト」と呼ばれるものです。

治験とは?

 

治験とは、新しく発売になる「新薬」の効果の確認(ちゃんと効くのかどうか)や、
本当に副作用がないかどうかを確かめるために、実際に多くの人に薬を試して
もらって、データを取り、チェックをする事を言います。

 

要は、薬のモニターですね。ただ、そう聞くとちょっと不安になりますよね。
「飲んでなんかあったらどうするんだ?」

という気持ちを当然ながら、みなさん持つと思います。
私自身そうでした。

 

ただ、実際に行ってみた所、事前に健康診断を実施してくれたり、
薬を飲んだ後の経過観察や、万一、具合が良くない時のケアなど、

 

ものすごく安全面にはケアをしてくれているので、考えていた
以上に安心感がありました。

 

治験は厚生労働省が定めた厳格なガイドラインを遵守して、施行されます。
そのため、国内(日本国)で行われる治験は、安全性が高いです。

 

厚生労働省から認可を受けなくては、日本では「薬」として販売が出来ません。
その許可を得るための臨床試験の事を「治験」といいます。

 

発展途上国での投薬モニターの仕事(と言ってよいのでしょうか?)は、
私が実際に行った訳ではないので、100%正確とは断言できませんが、
中には、危険なものもあるそうです。

 

私の体験談

私は、過去、何度か治験に参加した事があります。

ここでは、治験バイトという形で紹介していますが、
正確には、アルバイトではなく、「ボランティア」という名目で、
謝礼が支払われます。

 

謝礼はその場で貰えるため、即金性が高い。

 

私の場合は、謝礼は、全て手渡しで、その場で頂く事が出来ました。
そのため、月末の家賃の支払いがやばい時など、大変に助かった記憶が
あります。(ごく一部の医療機関では、銀行振込のところもあるようなので、
すぐにお金が必要な方は、事前に確認はしておきましょう。)

 

金額はかなり高い

 

実際の謝礼金額もかなり高く、有難いです。
色々と調べてみたのですが、強い薬の治験ほど、金額が高いという様な事はなく、
基本的には、拘束時間の長さで、謝礼額が決まっている様です。

 

私の場合は、5泊6日の入院治験で、15万6千円(交通費も合せて)でした。
気になる薬ですが、私はハウスダストを持っていて、そのアレルギーを抑える
薬でした。

 

そのため、まずは、アレルギーがあるかどうか(アレルギーがない人に試しても
意味がないという事ですね)、事前に一度、検査がありました。

 

この時は、日帰りで、日給として、9000円の謝礼がありました。
実際には半日も掛からず終わってしまい、これも嬉しかったです。

 

これは、応募して、検査を受けるだけで、アレルギーを持っていようが
いまいが、参加すれば、全員受け取る事が出来るものでした。

 

後日、電話があり、晴れて合格(つまりアレルギー持ちだと認められた)と
なり、入院治験を受けて来ました。

 

入院期間は、少し長めでしたが、非常に快適に過ごす事が出来ました。
この時の経験は、さらに詳しく、また改めて記事にしたいと思います。

 

安心なものを選ぶ

 

私は、この時以外にも、何度か治験バイトを経験しました。
どっちかというと、慎重で、臆病な性格なので、

 

健康サプリのモニターや、花粉症のマスクのモニター、そして、
ジェネリック医薬品のモニターなど、安全性が高く、自分で安心できる
もの以外はやりませんでした。

 

治験といっても、サプリメント(こういうものも承認・認可が得られないと
販売出来ないようですね)の様な安全性の高いものもあるので、
そういうものを中心にやりました。

 

また、ジェネリック医薬品は、すでに同じ成分の薬が、認可・販売されて
いて、それを他の製薬会社が作って、販売するものです。
まったくの新薬よりも、安心感がありました。

 

治験ボランティアに無料登録できるサイトA

 

治験ボランティアに無料登録できるサイトA

こちらは、登録しておくと、様々な応募案件を見る事が出来ます。
募集地域は関東・関西および福岡在住の方です。
化粧品やサプリ、ニキビケア商品のモニターから、新薬の治験まで、
多様な案件を見る事が出来ますので、登録してトライしてみたい
サプリなどがあれば、一度チャレンジしてみると良いでしょう。

 

お金を頂ける上に健康サプリや化粧品を試す事ができるので、
おすすめです。

 

治験ボランティアに無料登録できるサイトB

 

次に紹介する治験ボランティア登録サイトは、
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・山梨・大阪・兵庫・京都・奈良 福岡・佐賀の
各都道府県にお住まいの方を対象に治験バイトを募集しています。

 

治験ボランティアは登録サイトごとに案件やカラーが違うので、
いくつか登録しておいて、自分に合いそうなものを見つけるのがおすすめです。

 

臨床試験・治験の情報サイト

治験ボランティアに無料登録できるサイトC

 

こちらの登録サイトでも、治験ボランティアに無料登録が出来ます。
登録するとマイページが利用出来て、メールで治験ボランティアの案件を
お知らせしてくれるので、便利です。

 

治験ボランティアに無料登録できるサイトC

 

校正のバイト

校正と校閲

校正のアルバイトも、体力や力のない人でも、出来ておすすめです。
私は、約10日間ほどの、比較的短期の校正バイトをした事があります。

 

校正とは、「原稿などの誤字・脱字をチェックして、正しく修正する」ことです。

私のケースでは、あるお役所の文章を大量に校正するというプロジェクトだった
ようで、一気に数十人が採用され、ある大企業の学校の教室のような雰囲気の
会議室で、各々机に座り、ひたすら文書の校正(誤字・脱字チェック等)をしました。

 

その時は、校正未経験者OKの仕事で、初日に校正記号の書き方、具体的なやり方を
書いた1枚のプリントが配られ、それを見て各自、「校正作業をして下さい。」
という感じで、仕事がスタートしました。

 

具体的な金額は忘れてしまったのですが、自給も良く、10日で終わってしまうのが、
残念な仕事でした。休憩時間、終業時間も規則正しくはっきりしており、すごく
やり易かったです。

 

タウンワークで「校正」を検索した結果

フロム・エーナビで「校正」を検索してみた結果

ジョブセンスで「校正」を検索した結果

 

仕事の内容からして、まったく体力は必要ないため、女性も多かったです。
1日中、細かい字を集中して見続けなくてはなりませんので、
目だけは、すごく疲れました。

 

まとめ

以上、私が今まで経験した中で、「体力に自信がなくても出来る仕事」を3つ
選んでみました。

 

はじめてのバイト、未経験のバイトへ行くときは、不安だし、
少し勇気がいりますよね。

今日挙げたバイトは、体力的にも、そして、精神的にも楽な部類に
入ります。

 

精神的に楽というのは、マイペースで出来て、ノルマのようなものは
ないという事と、決められた時間できっちり終わるという事や、
同時にアルバイトが沢山採用される現場なので、
「自分一人に上司の厳しい目が向く事はない。」
という特徴のあるバイトだという事です。

 

もしも求人広告などで、見つけたら
思い切って挑戦してみるのもいいですよ。

-体力がない人でも出来るバイト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

校正のアルバイトは、体力がなく、未経験でも出来るのでおすすめ

    【校正】という仕事を知っているでしょうか? このアルバイトは、最終的な記事が 完成する前の段階で、仮印刷したものに、 間違いがないかを、原稿と照らし合わせながら、 確認・チ …

試験や模試の監督のアルバイトは、精神的にも体力的にも楽なのでおすすめです。

    試験や模試の監督は、 精神的にも体力的にも楽にこなせる上に、時給もかなり高いのでおすすめのバイトです。テスト監督の仕事内容やアルバイト先の見つけ方などを書いてみます。 &n …

治験バイトの探し方~体験談と注意点(メリット・デメリット)

    私は、過去何度も治験のバイト(ボランティア)に参加した事があります。 その時の体験談と治験のメリットやデメリット(注意点)などを本記事で お伝えします。   治験 …

人気記事